投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

SEMATカーネル勉強会 第2回に参加してきました! #sematj

ちょうど東京の用事と日程が重なりラッキー!ということで、SEMATカーネル勉強会へ参加してきました。
以下に資料もアップされています。
開発のよいやり方を形式値にして共有しよう! 〜パターンマイニングワークショップ〜
https://www.facebook.com/events/550763354987282/
パターンについての解説を聴き、ワークショップを時間オーバーの盛り上がりで行いました。
鷲崎さん、川口さんはじめ、みなさまありがとうございました。


パターンとはパターンとは、
特定の「文脈」で繰り返し起きる「問題」とその「解決」の記述
と定義されていました。
資料も見て頂くとして、ワークなどの中でポイントだなと思った点がいくつかありました。
「文脈」「問題」「フォース」をどう切り出すのか?「フォース」は、理由に通じるところであったり、物事の仕組みであったりすることがある。手段や制約といったところであったりもする。「問題」は「解決」によって変化するものである。
パターン候補の簡易マイニング資料にも書かれている、
 経験的なコツや暗黙知を、言語化して形式知にしたもの
ですが、暗黙知をどうやって形式知にして再利用可能にするか、ということへの一つの解として、パターン形式で書いてみるというのがあるんだなと思いました。

チームでのワークで「パズル的な要素」ということがでました。パターンの種になりそうなものを「パターンの形式」に当てはめていく中で、「文脈」から「結果」までのスジが通っているような、いないような、しっくり来ない状態がありました。そこをチームのメンバーの経験などで「文脈」や「問題」などを当てはめていくと、いい感じにピースがはまったんじゃない?というものがでてきました。
パターン形式で書く過程において共有を行う事で、メンバーが共通的に考えているような形式に集約されていくんだな、という印象でした。
また、他のチームは具体的なパターンから抽象度の高いパターンに変わっていたというところもあったり、他のパターンへの展開がありそうという話があったり、いろいろ面白かったです。


パターンを使いやすい形に改善していくというお話が川口さんからありました。
GoFのデザパタのように、いいものをまとめたもの、がパターンと思っていたので、これは重要だなと思いました。
確かに、いろいろなことをカイゼン、カイゼン言っているの…